バロンノート

Twitter(@8kisoBaron) 主にグラブル。

ダークラプチャー(ルシファー)HARD討伐しました!

 

ルシファーHARD、7回ほど失敗しましたがついに討伐できました!

f:id:BaronNote:20190515071444p:image

f:id:BaronNote:20190515071505j:image

一緒に討伐してくれた仲間に感謝です…

皆本当にありがとう~!!!

討伐出来た瞬間、感動のタイダルフォールが押し寄せた…

リアルでガッツポーズ決めたの、団内アルバハ初討伐したとき以来かもしれないすね。笑

グラブル神ゲーだな~~~~~~って気持ちに包まれたの本当に久々。

どちゃクソ難しいけど楽しさも異次元レベルなので、ぜひ皆さんも挑戦しましょう!

 

というわけで、討伐した編成や感想なんかを書いていこうと思います。

行動表や詳しい立ち回りを知りたい方は、歴戦の騎空士の方々や攻略サイトがまとめてくださってるので、ググってそちらを参考にしてください。

 

 

 

  • 編成

f:id:BaronNote:20190515071746j:image

f:id:BaronNote:20190515071754j:image

f:id:BaronNote:20190515073036j:image

よわよわ編成ですが、曲がりなりにもゼピュロスマンということで風で参加させてもらいました。

両面ゼピュロスです。

本当はリミグリム槍もう1本あると火力面でもHP面でも安心だと思います。

周りの戦力にもよるので、自分の編成よりもっと強い装備で挑まないと勝てない時もあるだろうし、もっと弱い編成でもクリア出来てしまう可能性もあります。

なので自分の武器編成はひとつの例として参考にしてもらえると助かります。

 

それにしてもメイン武器リミグリム槍の安定感は素晴らしかったですね。

奥義効果とファラで100カット出来るとめちゃくちゃ動きやすいです。

事あるごとにマグナと比較され悲しみを背負ってきたゼピュロスですが、おかげ様でルシHARDにおいては確固たる地位を築いています。

今まで生きてきた中で1番ゼピュロスやってて良かったと思えました。笑

 

 

 

  • 主な役割

風の主な役割は以下です。

・他の5人にオールポーション供給

・デバフ担当

・ディスペル配布

とにかくスーパーサポーター的な立ち位置ですね。

サポートやるのが好きな人はめちゃくちゃ楽しめると思います。

周りが動きやすいように動く感じ。

逆に風が落ちるとクリアはほぼ不可能に近いので責任重大です。

 

オールポーション供給は今や有名な手法だと思います。

バトル開始しても風だけはマルチに入らず、他の5人が救援を出してから風が遅れて参戦するというやり方です。

風は持ち前の防御性能とアンチラの全回復があるので救援オールポーションが無くても余裕です。

サブ召喚石にルシを積む必要も無いので枠に余裕もあります。

参加者のルシの枚数が少ない場合は積んだ方が良いようですが、自分が討伐した時には足りていたので黒麒麟を採用しました。

 

デバフ担当は言うまでもなくユリウスの存在によるものです。

トール含め通常の攻防ダウンが入らないため、ルシファーをクリア出来るかどうかはユリウスのデバフに掛かってると言っても過言じゃないと思います。

ユリウス落としたらどう足掻いても絶望ですw

ユリウスが居ないとルシファーHARDに参加権が無いと言われてるくらいなので、風でルシファー挑戦しようと考えてる方は必ずサプチケでお迎えしましょう。

 

そしてゼピュロス最大の強み、ディスペルを合体召喚で配れること。

毎ターン本体の赫刃Lv(累積バフ)のレベルが上昇するため、ディスペルは多ければ多いほど良いです。

両面ゼピュで2枚、ユリウス3アビ、アンチラ奥義と、他属性に比べてディスペルの枚数が豊富。

おかげで余裕があるので、他プレイヤーにディスペルを配ってあげることが出来ます。

ゼピュロスマンが居るのと居ないのとでは周りの動きやすさも大きく変わってきます。

 

 

 

  • 各召喚石のタイミング

メインとフレ石のゼピュロスはどんどん周りにばら撒いていきます。

他の誰かが石を投げようとしていたらディスペル欲しいか確認して、必要なら先にゼピュロスを投げて拾わせてあげると最高です。

特にディスペルが不足しがちな火や土とゼピュロスはズッ友。 

 

バハは当然1000万試練に合わせて召喚します。

試練を越えた後は浮いてる石を拾うのに使ったり、終盤の押し込みに使います。

 

アテナは危険な技を100カットするのに使います。

イブリースやオービタル・ブラックはファラのみでも受けられますが、ポースポロスやアキシオン・アポカリプスは100カットしないとあの世行きなので慎重に受けます。

ただし風は100カット(回避)の手段が豊富で、

・リミグリム槍奥義+ファラ

・かばう+ファラ

・アンチラ奥義+2アビ

このへんで特殊技を処理できるならそれに越したことはありません。

なのでアテナは保険として温存しておくのが良いと思いました。

あとは周りで欲しがってる人が居たら投げちゃいます。

 

テュポーンはパラロス回避用ですが、風はスロウが自前で3枚あるのでCTの調整ミスがほとんどありません。

なのでCT調整が上手くいかず動けなくなった人のために投げてあげるのが基本です。

4凸すると全体ポンバが付くので便利ですが、4凸じゃなくても困ることはありませんでした。

 

麒麟も周りが上手く動けていればほぼ使うタイミングはありません。

ただしファランクスが飛んでこない時や、試練11のパラロス受けを担当した方が良さそうな時に黒麒麟を切ります。

 

麒麟、グリム1アビ(2回目)、アンチラ3アビ使ってパラロス受ける

アンチラ1アビで全回復、クリアオールで防御ダウン消去

 

で何事も無かったかのようにパラロスを処理して立て直せます。

ただし赫刃Lvが上がってると被ダメが大きくなるので注意が必要です。

Lv0~1で2万前後のダメージでした。

 

 

 

  •  グリームニルとシエテ

恐らく風のルシ編成をググるとキャラ編成が大きく2つに分かれていると思います。

グリームニル採用型シエテ採用型です。

どっちもメリットがあるのでその違いを簡単にまとめてみます。

 

<グリームニル>

・1アビ(2回目以降)のガード効果によりファラなしでも強引に動ける

・1アビのおかげでパラダイスロストを受けられる

・裂傷、ハレーション等の状態異常を1アビ(マウント)で弾ける

・2アビで火力お化け

・3アビのアビダメと奥義性能アップがどちらも1000万試練で有効

・アンチラユリウスと種族が被らないので25%を踏める

 

<シエテ>

・サポアビ(味方奥義性能アップ)が1000万試練に刺さる

・3アビのポンバがあるので1000万試練迎えるまでのゲージ管理が楽

・終盤、4アビで一気に押し込むことが出来る

・奥義効果の無敵とアンチラ2アビでポースポロス(単体特大ダメ)受け可能

 

こんな感じかな?

パッと見てグリームニルのほうがメリットが多く、シエテが居ると25%を踏めないという最大のデメリットがあるので他の参戦者に負担を強いることになります。

とはいえルシファーは1000万試練をスムーズに超えられるかどうかみたいなところもあるし、最後の押し込みも凄く大事なのでシエテも選択肢として大いにアリ。

他の人たちが10%まで削ってくれればシエテ砲とエッセル砲で勝ち確です。

ただしシエテを入れるなら「25%~10%は動けません」と予め周りに伝えておくべきだと思います。

周りがどれくらい動けるかによってどちらを採用すべきか変わってくるので、正解は無いです。

 

めちゃくちゃザックリまとめると、

・最初から最後まで動きやすい(動ける場所が多い)のはグリームニル

・1000万試練が不安、終盤の瞬間火力が欲しいならシエテ

って感じですね。

周りと相談してどちらにするか決めましょう。

 

上に載せた画像でも分かる通り、今回は自分はグリームニルを採用しました。

 

 

 

  • 実際にやってみて感じた(わかった)点

自分の感覚なので間違っていたらすみません。

 

・慣れるまでは絶対リロらない

・黒麒麟は合体召喚しても拾った側のプレイヤーは召喚効果が発動しない

・ユリウスのデバフは毎ターン使う(暗闇か命中率ダウンを引けると強い)

・デバフ入れたい場面でゲージ足りない方が困るので、ユリウスは試練以外で奥義撃たなくてもいい。チェイン参加しないように1アビで常にゲージ調整

・ユリウス3アビで赫刃レベルを下げてもゲージ30%アップは発動しない

・ポースポロス、絶対100カット

・主人公シールドワイアは緊急時(パラロス受けそうになった時)以外は温存

・スロウは基本的に羽に入れる、いかにフィークスを受けずに50%を迎えるかが重要(ここが最初の壁だと思う)

・もしフィークスを受けそうなら止まってもいい、もし受けちゃっても焦らず素早く2回目のマルスを受けに行く

・羽50%(試練)を踏んだ時に試練突破の準備(フルチェインの準備)が出来てなくても焦らなくて大丈夫

・1000万チャレンジする時(本体に攻撃する時)は、本体95%を踏むとポースポロスが飛んでくるので注意

・1000万チャレンジはそのターンに発動したアビダメも含む

・試練突破さえすればあとは意外と速く進んでいくので、羽撃破までに15分以上使っちゃっても焦らない

・本体と羽のCT同時技のパラロスはダメカ貫通、本体10%以降のパラロスはカット可能

・グリームニル1アビ(2回目)とアンチラ3アビでパラロス受け可能(赫刃Lv0~1で2万前後のダメージ)

 ・必須キャラ(ユリウスとかオクトーとか)が落ちて討伐無理そうだな~ってなっても撤退せず頑張る、練習と思って出来るだけ先まで進めて体験しておく

 

※以上の点は「風パ視点での感想」です。

他属性だと立ち回りが変わって参考にならない点もあるのでご注意を。

 

書き出してみたら意外と多くなっちゃいました。笑

討伐動画等で予習もしたし、実戦でも行動表を見ながらやりましたが、それでもやってみないと分からないことがたくさんありました。

アルバハもそうでしたが、やっぱり慣れが大事ですね。

 

 

 

 

 

かなり長くなってしまいました、以上です。

 

失敗することもあるけど、誰かを責めずにお互い励ましあって楽しくやるのが何より大事だと思いました。

もちろん失敗しないように予習や反省も大切です。

 VCしながらやるの苦手だ~。。。って人も居ると思いますが、最近は野良も成功するようになってきてるみたいなので、自分で練習部屋立ててやってみるのも良いと思います。

実際やってみた感じ、VC無しでやるのは相当キツそうですけどね…w

幸い自発素材はそこまで重くないので、どんどん挑戦するべきだと思います!

ゼピュロスマンが輝ける最高の舞台です!

 

 

最高のマルチ、ダークラプチャーHARD!!

 

 

最高のゲーム、グランブルーファンタジー!!!!!