バロンノート

Twitter(@8kisoBaron) 主にグラブル。

調整後ランスロット入りアビダメ鰻編成

 

水ランちゃんがバランス調整され、ひいてはブレグラ武器がアビダメ上限アップということもあり、アビダメ重視の編成を組んでみました。

f:id:BaronNote:20190605211727j:image

f:id:BaronNote:20190605211802j:image

もちろんヴァルナでも組めるコンセプトの編成ですが、自分はマグナでやってみました。

5凸リヴァ短剣はロペ琴3つ目でも良いと思います。

というか多分ロペ琴のほうが良いです。

ゼノ武器もブレグラ武器2本目が作れたら入れ替えます。

こうして見るとぶっちゃけただの杖パにランちゃんが遊びに来たよ~って感じの編成になってしまいましたが、この形に辿り着いた理由をチョロチョロ書いていこうかなと思います。

 

 

 

  • 編成案その1 <クリュ剣パ>

f:id:BaronNote:20190605213110j:image

f:id:BaronNote:20190605213248j:image

※オメガ剣の第2スキルがアビ上限になってますが他のガフスキーで大丈夫です

まず最初に試してみたのがこの編成。

この編成のメリットは、

 

・オメガ剣で連撃を盛れる

・ロミオの奥義の追加ダメをアビダメ上限アップで伸ばせる

・虚空剣でデバフが安定する


こんなところです。

しかし実際使ってみると、

 

・メイン武器で強い水の剣or刀が無い

 

これが一番気になりました。

コンパニオンは苦し紛れの無銘金重です。

メインに水ヴァッサーを担いだとしても攻刃ひとつぶん抜けるのはマグナだとかなりの痛手です。

主人公はヴァッサー奥義バフである程度補ったとしても、累積バフなのでスロースターターなのがネック。

イシュミールのバフは1アビも2アビも悪くないんですけど、 アビポチがちょっと多いかな~。

ロミオ君は良い感じ。でもほぼ常時別枠1.3倍火力とはいえ、 マグナだと素の火力が低いので英霊バフだけだとキツい。

一応シャルロッテでも代用可能だと思います。

 

といった感じで、弱くもないけど強くもないかな~ という印象でした。

多分終末5凸して渾身を付けられれば結構良い編成だと思うんですけど、それが出来る人は多分ヴァルナもやってる。笑

 

 

 

  • 編成案その2 <ベルセ剣パ>

f:id:BaronNote:20190605213908j:image

f:id:BaronNote:20190605214010j:image

懐かしのベルセルクオクス。

剣パならクリュよりベルセのほうがしっくり来ました。

やっぱりオクスは良いね。

天聖パワーレイズとイシュミールの2アビを交互に使えば火力の低さもそこそこ誤魔化せます。

問題は連撃率の低さ

オメガ剣があるのでめちゃめちゃ低いってわけでもないんですけど、逆に言えばオメガ剣だけだとSAもそこそこ出ちゃう。

人によっては気にならないレベルかもしれませんが、 自分は気になりました。

あとはランちゃん以外はロミオしかアビ上限の恩恵受けてないのがちょっと勿体ないかなって気がしました。

 

 

 

 

 

以上を経て、この記事の冒頭の編成に落ち着きました。


というわけで冒頭の編成を上記2つの編成案と比べると、

 

・主人公奥義で刻印が撒ける&追加ダメージ発生

・オメガ杖で連撃が盛れてさらにエウロペ奥義でTA確率が上がる

・バニッシュを積む余裕がある

・回復アビがあるのである程度の立て直しも利く

 

と、剣パよりも汎用性があります。

 

まず、 刻印を撒けるとサブに編成しているマキュラとリリィのサポアビが反応します。

どちらも効果量はさほど大きくないですが、刻印Lv3くらいまで累積するとランちゃんのダブルインパルスが300万に届いたりするので案外馬鹿に出来ません。

エウロペは奥義効果も強いですが、実際使ってるとサポアビの水属性バフの効果量30%アップの強さをひしひしと感じます。

1アビのクリア回復もアビダメ付き、 3アビも元々上限が高いのでアビ上限アップと相性良し。

エウロペが居ない場合はマキュラをフロント起用しても良いと思いますが、連撃面に少し不安があるのでエウロペがオススメです。

アルタイルはアビダメを持ってませんが、バフデバフ共に安定感が増すのと、奥義を撃つだけでクリバフを撒けるのが頼もしすぎてやっぱり外せない。

バニッシュは自由枠ですが、自分はランちゃんの3アビに合わせて使ってます。

敵によってクリアやディスペルと入れ替えても大丈夫。

アルタイル2アビとランちゃん1アビと4凸鰻召喚で開幕45%まで落とせるので、主人公がデバフを積む必要がなくて快適です。

ついでに鰻の召喚効果の水属性バフにエウロペのサポアビが反応するのも良き。

 

そしてそして、肝心のランちゃんの使用感です。

結論から言うと、どちゃクソ楽しいですね。笑

序アビが奥義後に2連になるタイプのキャラは結局序アビをポチるのが面倒くさくて本末転倒になってしまうことが多いですが、ランちゃんは回避さえすればダブルインパルスを自動で消化してくれるのでスゲ〜〜〜気持ちいいです。

杖パに無理矢理突っ込んでも自分で連撃とバフが出来るので全然気になりませんでした。

 

まぁこの編成が実際強いかどうかはおいといて、新しい遊び方が出来るようになったのは良いことですね。

カツオがなくても遊べるし、素殴りで上限を叩くのが厳しいマグナでもアビダメなら余裕で上限叩けるので、わりとアリなんじゃないかな~。

ロペ琴の本数揃ってなくても遊べそう。

まぁ、もし水着グレアが居るなら結局剣豪のほうが楽な気はするけど…()

 

闇古戦場の時にターニャ入りの編成が100HELLで凄いタイムを叩き出してたこともあるので、もしかしたら今後こんな感じのアビダメ編成もどこかで使えるかもしれません…

 

もしかしたら、だけどね…

 

 

 

今マグナでやってる人は多分杖パやってる人が多いと思うので、たまには気分転換にランちゃん入れて遊んでみてはいかがでしょうか。

 

以上、調整後の水ランちゃん使用感とアビダメ編成の紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは、白竜騎士団の提供でお送りしました。

f:id:BaronNote:20190605211545j:image