バロンノート

Twitter(@8kisoBaron) 主にグラブル。

天上征伐戦(ギルベルト)用編成(ほぼ無課金ver.)

 

前回に引き続き、天上征伐戦用の編成の紹介です。

「コイツどんだけ天上征伐戦好きやねん……」

と思ったそこの貴方。

 

……ぐうの音も出ません。

認めます。

正直は一生の宝って言うもんね。ワラ

普通にクリアしてからというもの、色んな編成(縛り)で毎日挑戦しています。

まぁでも試行錯誤の末、「自分にはこのくらいの縛りが限界かな〜」というラインがだんだん見えてきました。

それがタイトルにもある「(ほぼ)無課金編成」です!

具体的に説明しますと、

無課金で手に入る武器だけで編成する

という縛りです。

それ以外はジョブもキャラも石も、特に縛りはありません。

(ほぼ)と頭に付けた理由は、リミヴィーラを採用してるから。

無課金編成なのにリミキャラ入れてるんか〜!?」と煽られるのが怖いので、予め(ほぼ)無課金編成というタイトルにさせていただきました……

ちなみにゼウス編成でやってますが、今回の編成は普段マグナの方も片面ゼウスをフレンドで借りれば挑戦出来る武器編成になってますので、もし良ければ試してみてください。

 

 

まぁそんな感じで、ともかく編成を載せていきます!

f:id:BaronNote:20191128082047j:image

f:id:BaronNote:20191128082150j:image

f:id:BaronNote:20191128082156j:image

詳しい立ち回りは下のリンクから、前回の記事を参考にしていただければと思います。

(こちらは課金編成ですが基本的なポイントは変わりません)

baron-note.hatenablog.jp

 

先にも述べた通り、片面ゼウスなので普段マグナでやってる方も頑張れば近づける編成に仕上がってるんじゃないでしょうか!?

というか、マグナの方も片面ゼウスでやった方が良いですよ。多分。

ゼウスの召喚効果が強いので。

メイン武器のオメガ杖ですが、無課金武器縛りなのでオメガ杖にしただけです。

黄龍槍でも頑張ればイケるんじゃないかな…

ガンバンテインとかエデンとか持ってればそっちの方が良いと思います。

エデンは奥義バリアが序盤のターゲッティングを防ぐのに有用ですが4凸必須、ガンバンテインは4凸していなくても奥義回復が発動するのでオススメです。

 

トールは無凸でも大丈夫です。

ハルマル石も自由枠なので、ディスペル石に変えちゃって大丈夫です。

ていうかディスペル石の方がいい。笑

ハンサかメタトロン欲しい……(T_T)

 

以下、簡易攻略チャートです。

 

・100%〜71%

弱体6個以上とバフ1個以下を維持。

ゼウス召喚とリミヴィーラのマージを合わせてターゲッティング予防。

70%をアビダメで踏み、デバフを入れ直してから70%を超える。

 

・70%〜31%

弱体6個以上とバフ1個以下を維持。

50%踏む時に6の倍数のターンと被らないよう注意。

30%をアビダメで踏んだらトール召喚。

ヴィーラ1アビでハイパードライブかばう、クラリスと交代。

 

・30%〜0%

弱体6個以上とバフ1個以下を維持。

HPが1万以下にならないよう注意。

回復するときはトールのデバフ、暗闇、魅了が消えないように、ミストやクラリス2アビを入れてから回復。

クラリス1アビは使っても良い。(使ったらディスペルでちゃんとバフを剥がす)

6の倍数のターンで主人公のHPが1番高くならないように注意。

 

 

f:id:BaronNote:20191128083551p:image

対ありでした!

自分としてはかなり頑張ったんですが、世の中には十天衆無し編成でクリアしてる方もいらっしゃるようで。

まだまだ自分の未熟さを思い知るばかりです……

この空、広いね!

 

天上征伐戦(ギルベルト)用編成

 

※11/28 追記、修正しました

昨日実装された天上征伐戦、早速クリアしてきました!

f:id:BaronNote:20191125220641p:image

PROUD、PROUD+、共にクリア出来ました!

まず率直な感想としては、かなり楽しかったですね〜

色んな方の編成を見たところ、そこそこジョブがバラけていました。

なので超高難易度級とはいえ、人それぞれ幅のある遊び方が出来るクエストに仕上がっていたのかなぁと思います。

もちろん装備や編成のハードルはそれなりに高いですがw

何よりもギミックに対する理解が大切だと感じました。

 

それでは、自分がクリアした時の編成および注意点を解説していきたいと思います!

※PROUDでもPROUD+でも編成は大きく変わっていないので、PROUD+を中心に解説していきます

※自分もまだ全てのギミックやトリガーを理解出来ていない気がする(発動条件に確信が持てていないところもある)ので、参考程度にお願いします

 

 

 

  • 編成

f:id:BaronNote:20191126083836j:image

f:id:BaronNote:20191126083909j:image

オデン琴が無凸なのは許してちょ⭐︎

(天司武器もスキルレベル上げ忘れててワロタ)

もしかしたらオデン琴は要らないかも?

と思ったけどまぁ無凸でも1本あればクリア出来るよ!っていうケースの例ということでここはひとつw

以下、事前準備で必須、もしくは推奨だと思ったポイントの理由を簡単に挙げていきます。

 

・最終ソーン(必須)

→常にデバフを6個以上(?)維持してないとヤバいので、2アビが必須

・最終フュンフ(必須)

→奥義ディスペル(超重要)&闇攻撃ダウン&連撃ダウン、高い回復性能、リミヴィーラが居ない場合は特に必須

・ディスペル石(必須)

→とにかくディスペルが足りなくなるので、多ければ多いほど良い

・リミヴィーラもしくは銃ゾーイ(必須)

→銃ゾでクリアしている方も多いですが、個人的には30%の特殊行動を考えるとリミヴィーラ推奨。まぁお好きな方で!

・両面ゼウス(推奨)

→バリアで序盤のターゲッティングを防げるので両面で常にバリアを切らさない、実質HPを23000に出来る

トール(推奨)

→無凸でも可、30%以降の攻略の要

クラリス(推奨)

→1アビ使用時の奥義火力、2つの弱体を付与出来る2アビ、CT6で取り回しの良いディスペル

・ソフィア(推奨)

→奥義効果の回復、闇ダメ軽減が優秀、1アビ単体回復によるハイパードライブの対象操作

・4凸サティフィケイト(推奨)

→奥義効果の防御アップが優秀。銃ゾを連れていかない場合は特にオススメ

・ガンバンテイン(推奨)

サティフィケイトをメインに持たない場合は、ガンバンをメインに持てるジョブがオススメ、30%以下のゾーンでも奥義で回復が出来るのが便利

 

めっちゃ偉そうに必須とか推奨とかイキり赤文字で書いてますが、もしかしたらもっと良いキャラ良い武器良い石があるかもしれないので参考程度に…

 

 

 

  • 討伐の流れ

まず前提として、開幕の特殊行動で最大HPが強制的に2万に固定されてしまいます。

なので過剰な守護武器は外しましょう。

 

100%〜71%(ギルベルト人間ゾーン)

《ギルベル罠(トラップ)その1》

ギルベルトは6ターンごとに特殊行動をしてきます。

これを常に忘れないように動くことが大切です。

つまり、「九九の六の段」がスラスラ言えるとかなり楽に動けます。

自分は小学校の頃に修得済みだったので問題ありませんでした。

まだ六の段を覚えてない人はこれを機に覚えると良いと思います!

このゾーンでは、6ターンごとの特殊行動は「ギルベルト自身にバフを2つ付与」です。

《ギルベル罠(トラップ)その2》

フュンフ3アビは使っちゃダメです。(たぶん

なんか使ったら毎ターン終了時スゲーのが飛んできます。

100%自信があるわけじゃないですが、たぶんフュンフの3アビに反応してるっぽいです。

すみません、自分の勘違いでした。

《ギルベル罠(トラップ)その3》

常に弱体を6個以上付与しておかないと、ターン終了時にシアターなんちゃらみたいな名前の特殊技が飛んできます。

なのでソーンの2アビは開幕すぐに使い、常に切らさないようにします。

《ギルベル罠(トラップ)その4》

ギルベルトのバフが2個以上貼られている状態だと、ホーリーなんちゃらみたいな技名のヤバい多段ダメージが飛んできて死にます。

確実にディスペルでバフを消しながら進みましょう。

 

以上のポイントに気を付けて、動きはじめます。

リロ殴り推奨です。

70%でデバフが解除されるので、ソーン2アビをCTごとに使ってると70%踏む時にソーン2アビがまだ使えない……という状況に陥ることがあります。

すると《ギルベル罠その3》が発動してしまうので、撤退してやり直す羽目に。

デバフが切れないように、70%までリロ殴りしつつ慎重に駆け抜けます。

特に6の倍数のターンの時にはバフが貼られるので、リロ殴りする前にディスペルを忘れないよう充分気を付けます。

慣れるまで結構やらかすと思うので、気軽に撤退してやり直しましょう。

 

 

70%〜31%(黒デカマッチョゾーン)

《ギルベル罠(トラップ)その1》(継続)

このゾーンでも引き続き、6ターンごとの特殊行動は「ギルベルト自身にバフを2つ付与」です。

《ギルベル罠(トラップ)その2》(継続)

フュンフ3アビ使ったらあきまへん。(たぶん

まぁ使う必要もないと思います。

《ギルベル罠(トラップ)その3》(継続)

引き続きデバフを6個以上維持しなくちゃいけないんですが、70%を踏む時に注意が必要です。

アビダメや召喚のダメージで70%を踏むと、踏んだ瞬間デバフが剥がれます

デバフが剥がれたのを確認してからソーン2アビ等のデバフを入れて、70%トリガーを受けましょう。

そうしないとシアターなんちゃらが飛んできます。

まぁ最悪アビダメで70%踏めなくてもシアターなんちゃらは即死級のダメージではないので、HPと回復手段に余裕があれば受けちゃっても良いとは思います。

《ギルベル罠(トラップ)その4》(継続)

こちらも引き続き、バフを貼られたらすぐに剥がします。

ディスペル石が少ない場合はバフが貼られてからフュンフ奥義を撃つようにして、出来るだけディスペルを温存しながら進んでいくと良い感じです。

リフレクト(反射)はHPに余裕があれば最悪ディスペルを使わずそのまま殴って消しても大丈夫です。

《ギルベル罠(トラップ)その5》

強化アビリティ(黄色いアイコンのアビ)を使うと、ギルベルトにバフが付きます。

70%から増える新しい罠です。

強化アビは使わないように気を付けましょう。

PROUDでも同じギミックがあったと思います。

 

50%を踏むと、「バトルフィールド」という特殊行動によりバフが2つ付与されます。

6の倍数のターンとこれが重なってしまうと非常に苦しいので気をつけましょう!

 

 

30%〜0%(誰だコイツ…ゾーン)

30%を踏むと特殊行動「ハイパードライブ」が発動します。

残りHPが1番高いキャラに無属性99999単体ダメージが飛んでくるというものです。(同じHPのキャラが居る場合は、並び順が前のキャラに飛んできます)

当然食らったキャラは即死です。

さらにこの技で落ちたキャラは復活不可になります。

どうすりゃええねん!って話なんですが、大きく分けて2つの受け方があります。

 

①かばうパターン

この技、実はかばうが有効です。

自分が銃ゾよりリミヴィーラをオススメする最大の理由です。

残りHPが1番高いキャラに飛んでくる特性を利用して、落としたいキャラのHPが1番高くなるようにポーションで調整するのも有効ですが、かなり難しいな〜と思いました。

リミヴィーラのかばう(1アビ)を使用するとギルベルトにバフが付与されますが、リミヴィーラ自身の2アビでバフを1つ消すことが可能です。

ヴィーラを犠牲にするというデメリットがありますが、分かりやすく簡単に受けられるのでミスが少ないです。

また、サブに控えてるキャラを引っ張ってこれるという利点もあります。

 

②フュンフ4アビ+3アビパターン

フュンフ4アビでガッツを付与し、さらに残りHPが1番高いキャラに3アビの自動復活も付与します。

するとガッツでハイパードライブを1で耐えて、そのあと飛んでくるシアターなんちゃらで落ちたとしても自動復活が発動します。

この受け方のメリットは、フロントメンバーがサブと入れ替わらないことと、かばうキャラ(リミヴィーラ)なしでもこのハイパードライブを凌げること。

デメリットとしては、ここでフュンフ4アビを使ってしまうので、ここから先パーティが崩壊しそうな時に立て直しが難しいこと。

また、ガッツで1で耐えるとシアターなんちゃらが必ず飛んでくるので、余計な被ダメージも増えます。

何度か試しましたが、個人的には①の方がオススメです。

 

どちらの方法で受けても大丈夫ですが、アビダメで30%を踏んでデバフが剥がれたのを確認したら、まず必ずトールから召喚します。

その後に他のデバフを入れてから殴ります。

そうすることで《ギルベル罠(トラップ)その6》(詳しくは後述)で多少弱体回復されても、最初に入れたトールのデバフは消えません。

まぁよく分からんなと思ったら、とりあえず30%踏んだらまずトール召喚から!というのを覚えておけば大丈夫です。

トールのデバフの効果量は非常に大きく、30%以降は回復アビを控えなきゃいけないので、被ダメを最小限に抑えていくことが大切です。

《ギルベル罠(トラップ)その1》(継続)

ここから6の倍数のターンごとに「ハイパードライブ」が飛んできます。

クッソキツいです。笑

受ける前に必ず単体ポーションやソフィアの単体回復でHPを調整し、なるべく主人公が落ちないように受けます。

《ギルベル罠(トラップ)その2》(継続)

クソキツいですが、フュンフ3アビは使わずにいきましょう。

《ギルベル罠(トラップ)その3》(継続)

引き続き6個以上維持です。

回復アビを使うと《ギルベル罠(トラップ)その6》によりデバフが1つ回復されるので注意。

《ギルベル罠(トラップ)その4》(継続)

引き続きバフは出来るだけすぐに剥がしましょう。

《ギルベル罠(トラップ)その5》(継続)

強化アビ、ダメ絶対。

…と言いたいところですが、クラリスの1アビだけは火力による貢献が大きいので使っても良いと思いました。

もちろんディスペルでバフを剥がすのをお忘れなく。

《ギルベル罠(トラップ)その6》

前述の通り、回復アビを使うとデバフ1つ消去+100万の回復をしてきます。

当然回復アビは使わないように立ち回りたいですが、どうしてもヤバい場合は、弱体の数が6個より少なくならなければ回復した方がいいです。

回復量も100万と、致命的な回復量ではないので全員が死ぬくらいなら回復した方がマシかと。

《ギルベル罠(トラップ)その7》

HPが50%以下のキャラがいると、ターン終了時に「シアターなんちゃら II」が発動します。

ダメージもさることながら、これが発動するとギルベルトにバフが付与されてしまいます。

終盤これがとにかくキツい。。。

回復アビが使えないので厳しいところですが、ソフィアの奥義回復やポーションで頑張って凌ぐしかありません。

運ゲーにはなりますが、ソーン2アビの魅了が入ってくれるとかなり楽になります。

 

 

ここまで来たらあとは必死に殴りましょう!

 

 

f:id:BaronNote:20191126083411p:image

対ありでした。

全体を通して言えることは、

・とにかくデバフ6個以上維持!

・バフ貼られたらすぐ剥がす!

・6の倍数のターンに気をつける!

まずはこれが基本だと思います。

後半は多少の運ゲーもあると思いますが、あとは慣れですね。

 

期間限定じゃなく常設になったので、皆さん気が向いたら是非挑戦してみましょ!

 

レッツ征伐!!!!!

 

 

 

 

今後はマグナ、もしくは無課金ゼウス編成でクリア出来るように頑張ろうかな!

(ところどころ解釈が間違ってるギミックがあったら随時追記、および訂正していきますのでご容赦ください……)

 

2000万編成用武器検索スプシ(ver.1.0)作りました

 

ブンブンハローグランブルーファンタジー

いつも自分の編成とか意見を書き殴ってあーだこーだ言ってばかりなので、たまには役立つメモ的なものを書いてみようかなと!

タイトルの通り、2000万編成に使えそうな武器をスプレッドシートにまとめてみました。

古戦場が近くなって2000万編成を考えるたびに「奥義で味方全体の奥義ゲージUP出来る武器無いかな〜」とか「なんか良いスキル付いてる武器無いかな〜」とか、長時間インターネット空域をグランサーフィンをすることが多かったので、それなら「いっそのこと自分でまとめてみよう!」と思い立った次第です。

昨日実装されたライジングフォースもゲージ200%ジョブだし、多分この手のまとめは今後も需要がある………はず。w

なお、「2000万編成用」のスプシなので、全ての武器が載っているわけではありません。

ぶっちゃけグラブルに存在する全ての武器を載せるのは数が多すぎて死ぬw

なので自分の勝手な判断で申し訳ありませんが、以下の基準を満たす武器を優先的に載せました。

 

・2000万編成で良く使われるジョブのメイン武器種(クリュサオル用の剣&刀ライジングフォース用の楽器、剣豪用の刀&弓、メカニック用の)

・奥義効果に味方全体バフが付いているもの(単体バフは基本的に除外)

・↑を満たしていても奥義火力に影響なさそうなバフは除外(連続攻撃確率UPなど)

・奥義効果に防御ダウン系のデバフが付いているもの

・奥義関連のスキルが付いている武器

・その他、やきそバロン(私)が載せたいなと思ったもの(てへぺろ

 

以上を予めご了承ください。

 

というわけで、スプシ触ったことない方も居ると思いますので、使い方を解説していきます。

使いにくかったらゴメンなCygames。

 

 

 

下準備(PCから見る場合)

下のリンクから2000万編成用武器検索シートを開きます。

docs.google.com

シートに保護がかけてあるので編集は出来ませんが、フィルタ機能が使えます。

f:id:BaronNote:20191123170042j:image

⬇︎

f:id:BaronNote:20191123170525j:image

これで完了です。

検索の仕方は後述。

 

 

 下準備(スマホタブレットから見る場合)

まず、スプレッドシートのアプリ(無料)を入れておいてください。

iPhone

https://apps.apple.com/jp/app/google-スプレッドシート/id842849113

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.docs.editors.sheets&hl=ja

次に、下のリンクから2000万編成用武器検索シートを開きます。

ブラウザ(Safari等)で開くと自動的にスプシのアプリが起動するはずです。

docs.google.com

開いてもらうと分かりますが、勝手に編集出来ないようシートに保護がかけてあります。

なのでこれを開いただけだと閲覧は出来てもフィルタ機能なども使えず、目的の武器を探しにくいです。

そこで、自分のグーグルアカウントにこのスプシを丸ごとコピーします。

f:id:BaronNote:20191123162708j:image

⬇︎

f:id:BaronNote:20191123162722j:image

⬇︎

f:id:BaronNote:20191123162736j:image

これで自分のアカウントのスプレッドシートに、このスプシのコピーが作成されたはずです。

こうすることでコピーした方はシートの保護が消えるので、自由に編集およびフィルタ機能が使えるようになります。

ただしこの方法だと、今後自分が新キャラや新武器を追加したりでバージョンアップしても、コピーした方のスプシには当然反映されませんのでご注意ください。

バージョンアップされたら、また同じ手順を踏んでコピーを作成すれば大丈夫です。

毎回コピーするのが面倒な方は、PCから閲覧するのをオススメします。

 

 

 

検索の仕方・注意点

フィルタ機能を使う際、並べ替えではなく絞り込みをオススメします。

※その方が見やすいし、並べ替えしてしまうと元に戻すのが大変

例えば「光属性の武器で、奥義でデバフ出来る武器ないかな〜」と思ったら、

f:id:BaronNote:20191123162908j:image

⬇︎

f:id:BaronNote:20191123162935j:image

⬇︎

f:id:BaronNote:20191123162920j:image

こんな感じで絞り込みが出来ます。

目的に合わせて絞り込みの幅を調節してみてください。

備考欄に効果量などを載せていますが、「?」が付いているものは効果量不明、もしくは要検証です。

 

ちなみに武器奥義効果のシートの隣に武器スキルのシートも作ってあります。

このシートは、武器スキルに奥義関連のスキルが付いている武器をまとめたものです。

奥義効果は強くなくてもメインで握ると強いスキルが付いている武器(黄龍槍など)も載せているので、こちらも合わせて使ってみてください。

 

 

 

 

使い方の説明は以上です!

正直スプシの使い方にそれほど詳しい訳ではないので、使いやすいと思った方法で自由に使ってみてください。

 

で、色々と書きだしてみたものの、正直まだまだ穴があると思います。。。

もし「この武器は書かなくていいんですか?」とか「ここ効果量間違ってますよ!」とかあったら優しく(ここ重要)教えていただけると助かりまする。

ちなみにスプシの該当セルに指摘コメントを埋め込んでもらっても構いませんが、見落としたり気付くのが遅くなる可能性があります。

なのでこのブログのコメント欄、もしくはツイッター(@8kisoBaron)にお知らせいただけると、通知が来て気が付きやすいので助かります!

もし時間に余裕のある方はご協力いただけると大変嬉しいです。

よろしくお願いいたします!

 

 

2000万編成用キャラのスプシも現在作成中です。

というか本当はこの武器まとめスプシと一緒に公開したかったんですが、キャラは書くことが多すぎて全然終わりが見えない…w

なのでとりあえず武器まとめスプシを先に公開しちゃいました。

キャラまとめスプシは年内にまとめたいなぁ〜………

ってことで気長にお待ちくださいw

 

100HELL&150HELL編成

 

闇有利古戦場お疲れ様でした!

タイトルの通り、チャチャっと編成を載せつつ反省会っぽいものをやっていきたいと思います!

 

 

 

  • 100HELL

f:id:BaronNote:20191121080403j:image

f:id:BaronNote:20191121080408j:image

95HELLからキャラは変わってません。

ジョブはセージにしました。

理由はヒールオールでHP調整したかったのと、リミアビ枠でクリア(キュアーフェン)やディスペル(ディスペルシージ)を積みたかったからです。

なんやかんや結局ハイランダーで頑張っちゃったわけですが、やはり団バフが無いと減衰殴りは厳しめでした。

まぁでもマグナだとそもそも通常攻撃や奥義を常に上限に届かせるのが難しいと感じたので、コルル、黒騎士、シスのアビダメ上限を盛るという方針が基本にありました。

アビダメなら上限叩くの簡単なので。

そういう意味では、通常や奥義が常に減衰に届かずとも、ハイランダーにする(天秤でアビ上限を盛る)のは結構有効だったのかなと思います。

 

大まかな立ち回りは95HELLの時とほぼ同じです。

85%トリガーを踏んで良い感じにコルルのHPを減らしてから黒騎士4アビでコルル介護、各トリガーはシス奥義(回避)+2アビで処理しつつ、恐怖を入れて押し切る感じです。

 

一応討伐タイムはこんな感じ。

f:id:BaronNote:20191121075121p:image

団バフありでようやく3分半切れました。

やっぱり100HELLは苦手だ……

 

 

 

  • 150HELL

f:id:BaronNote:20191121080424j:image

f:id:BaronNote:20191121080430j:image

これ載せる必要あるか?笑

と思ったんですが、今回から追加された新要素なんで、一応ね。

先に言っておくと、ソロは時間がかかりすぎたので数回しかやってませんw

集中力も続かないしw

なので、こんな編成でクリアできたよっていう意味で一応載せます。

……とかなんとか言ってるけど、結局100HELLから全然変わってなくてウケる。

ここから色々試行錯誤する気力はありませんでした…zzZ

武器編成はちょっとだけ変えました。

というかハイランダーじゃなくしました。

クソ硬かったからw

そんだけです。

皆で殴ってると防御バフが何度も貼り直されるのがウザかったので、エスタリオラが居れば黒騎士で介護しながら毎ターンディスペル飛ばすとかいうサポート役をやってみたかったですね。

まぁどう考えても麻痺の方が有用ですけどね。笑

 

 

 

 

 

編成に関しては以上です。

全体的な感想ですが、調整したばかりのシス、直前に最終した黒騎士、とりあえずこの2人を潰してくるようなHELLじゃなくて良かった。笑

特に黒騎士はコルルとの相性が良かったので、個人的には今回のMVP。

でも使えば使うほど1アビの累積防御ダウンが何のためにあるのかマジで意味不明。笑

あと、カタリナみたいに4アビ延長が出来てしまうと、瀕死コルルを半永久的に庇えちゃうから4アビ延長やアビCT短縮を付けなかったのかなぁとは思ったんですが、やっぱりCT8は長い。

ディスペルスロウ恐怖と色々出来るわりには、便利キャラっていうよりクセの強いキャラっていう印象でした。

 

そして今回から追加された150HELLですが、防御値25は流石に予想外ww

セレ爪5凸あと2本くらい作っておけば良かった……とは思ったけど、もはやそれでどうにかなる次元じゃないw

ハデスの方々は結局背水だったんでしょうか?渾身だったんでしょうか?

どちらにしても、どちらかに振り切らないと厳しい硬さだったと思います。

恐ろしや……

まぁ150HELLは置いといて、90〜100HELLはマグナでもそこそこやれるってのが分かって良かったです。

特に95HELLで1分半切れたのは個人的にかなり満足。

ニーアなしでも意外とイケるやん!?って。

毎回の古戦場で言ってる気がするけど、95HELLくらいの距離が1番やってて楽しいかも。笑

100HELLマジで苦手なんじゃぁ…

 

はい、というわけで最後に今回の個ランです。

f:id:BaronNote:20191121082219j:image

久々に沢山走れて楽しかった〜

でもコレ5万位ボーダーと1億も離れてないんですよね…

フルオートの影響もあるんだろうね…

最近の古戦場は怖いねぇ…

 

まぁ何はともあれ、改めて古戦場お疲れ様でした!!!

次は光有利かな?

頑張るぞぉ〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:BaronNote:20191121122441p:image

これがタミン・サリか…(白目

 

90HELL&95HELL用編成

 

タイトルの通りです!

載せます〜

 

 

  • 90HELL

f:id:BaronNote:20191117134739j:image

f:id:BaronNote:20191117134742j:image

2000万編成をそのまま流用してます笑

1T目デュアルアーツ、アーセガル、コンジャクでフルチェイン。

2T目にフレ石黄龍召喚でフルチェイン。

終末渾身にしてアバ杖4本以上あるとコンジャクなしでもいけたっぽい?

準備しておけば良かった…

 

 

  • 95HELL

f:id:BaronNote:20191117134754j:image

f:id:BaronNote:20191117134801j:image

せっかくなので最終したてホヤホヤの黒騎士を採用してみました。(まだLv95だけど)

開幕他心とコンジャクしてデスでシスを前に出す→瀕死のコルルを黒騎士4アビで庇いつづける

というのが主な立ち回りですが、75%トリガーの全体攻撃は庇えないので、75%を踏んでから黒騎士4アビを使うと良い感じでした。

 

それにしても95HELL凄いことになってますね〜

ニーア入りレスラーの方々がとんでもないタイムを叩き出してるようです…

そんな方々に比べると非常に凡庸なタイムで恥ずかしいですが、こんなタイムでした。

f:id:BaronNote:20191118080248j:image

※更新しました

団バフなしです。

団バフなしでもなんとか1分半切れましたね!

1T目にシスの2アビを使うと2T目に単奥義が撃てるので良い感じでした!

逆に団バフやAT中は奥義ズラしやりにくいので難しい…

奥が深いですね!

 

 

 

そういえばリミジャンヌが追加されましたね!

ゼウスマンとしては年末天井はリミジャンヌで決定か…?

カタログスペック見ただけでも比類なき力を感じるキャラですが、同時に追加されたシトリもめちゃくちゃ強そうです。

今後のゼウス編成はソーンやシトリ、ミリンちゃんを主軸にしてサティとフェイトルーラーを並べまくって奥義パに振り切るか…

エデンを並べてクビラやリミジャンヌを主軸にして通常攻撃に振り切るか…

使いこなせれば後者の方が絶対に強そうですが、自分のように奥義ズラしとか立ち回りが下手っぴな人間には奥義パの方が楽そうですね…

流石にどちらも作るのは金銭的に厳しい…ww

うーーーーーーん、悩むなぁ〜〜〜〜〜〜〜

 

引き続き古戦場がんばりまっしょい!

 

第2回ハデス編成やあらへんで!チキチキ 闇マグナハイランダー背水編〜!

 

第1回 ↓

baron-note.hatenablog.jp

 

前回の渾身編に続いて、今回は背水編です。

またいくつか編成を載せていくわけですが、先に言っちゃうと背水は渾身よりめちゃくちゃ分かりにくかった。

ダメージにムラがありすぎる。

ムラありすぎてムラムラの実の能力者になった。

ムラララララ!って笑いながら編成組んでた。

とはいえ、ひとつ確実に言えることは「水ゾ、コルル、デス4凸といった必須パーツが多いので、あんまりオススメしない」ってことですね。

闇マグナと言ったらセレ爪ならべて背水すればお手軽火力ってイメージが昔からありますが、ハイランダーで背水しようとすると逆にちゃんとした火力を出すのが難しくて、ハードル高い印象を受けました。

まぁともかく背水が強いか弱いかは、皆さんも各々で判断していただければと思います。

 

そんじゃ、レッツゴー!

 

 

 

 

  • 渾身杖パを無理やり背水に改造したやつ

f:id:BaronNote:20191111180412j:image

f:id:BaronNote:20191111180415j:image

もう名前のまんまです。

前回の記事で紹介した杖パに水ゾを突っ込み、開幕コンジャク+デス召喚でシスを前に出すムーブを決めるだけ。

ついでにヴァンピィちゃんもコルルと入れ替えました。

杖パと言いつつ杖キャラが主人公とクラリスしか居ませんが、コルルはサポアビで火力も高く、天秤の奥義で連撃バフも撒けるので気にしなくてOK。

さて、この記事の冒頭で「ダメージにムラがある」と言いましたが、ここでその例を挙げてみたいと思います。

f:id:BaronNote:20191111181637j:image

f:id:BaronNote:20191111181626j:image

はい、なぜこんなに差が出るかという理由は単純明快で、「コルルが低HP(瀕死)を維持できるかどうか」によるものです。

すでに理解している方も多いとは思いますが、一応説明を。

f:id:BaronNote:20191111181722j:image

コルルの"ちぇすと"はアビ上限を少し盛れば、簡単に200万越えのアビダメを叩き出します。

それが瀕死状態になると毎ターン終了時に発動するんですね。

これだけ読むと、「確かに強いけど瀕死状態になるのが難しそう」と思えます。

しかしバレクラ+水ゾとのシナジーが非常に強く、コンジャクの吸収バフをバレクラ3アビで4Tから3Tに縮め、コルル3アビで自傷することにより確実に瀕死状態になることが出来ます。

つよバハで闇ソルジャーが流行ってるのもこのサポアビが要因みたいですね。

とは言っても、まぁやっぱり実際の敵はつよバハ麻痺殴りとは違って攻撃してきますからね。

瀕死状態を維持できないくらい苛烈な攻撃が飛んでくるような敵に対して、コルルの真価が発揮できるかどうかは微妙なところです。

なので上記に載せた総ダメージは、高い方が「コルル瀕死状態を維持できた場合を想定した総ダメージ」、低い方が「コルルを瀕死状態に出来なかった場合を想定した総ダメージ」です。

当たり前ですが、かなり差があることが分かると思います。

冒頭で「背水はムラがある」「ハードルが高い」と言ったのはこのあたりが原因です。

わかりやすくいうと、

・コルルがちぇすと発動しまくれば強い!出来なきゃ渾身の方が強い!

これが自分の結論ですw

もう背水やるならしばらくコルルは外せないでしょうね。

しかし、これだけ見ると「やっぱり渾身の方が強そうじゃない?」と思いました。

前回の渾身杖パの総ダメージを見てもらえばわかりますが、この編成の総ダメージを上回ってます。

ところが!意外とそうでもないのが背水の面白いところです。

よく見ると、アビポチの数が渾身に比べると少ないんですよね。

試しにアポロンNを殴ってみると……

f:id:BaronNote:20191111181943j:image

いわゆるDPSの部分で見ると、渾身と比べても差がほぼ無いんじゃないかなと思います。たぶん。

まぁあれですね、騎空士的に言うなら""雰囲気""は悪くない。って感じ。

 

 

 

f:id:BaronNote:20191111182017j:image

f:id:BaronNote:20191111182035j:image

そろそろバランス調整も経てそろそろこの記事も書き終えるかな〜と思っていた頃、急に背水の新たな可能性がまた広がりました。

皆さんご存知のコレです。

f:id:BaronNote:20191111182446j:image

f:id:BaronNote:20191111182449j:image

ちょっとデジモンアドベンチャーに名前似てません?

似てないですね、はい。すみません。

第2スキルがまさかの背水

これにより、ハイランダーであってもセレ爪&終末と合わせて3つも無課金背水武器を搭載することが可能になりました。

武器種を槍にしてきたあたり、槍得意のコルルへ忖度を感じますねぇ。笑

というわけでその思惑に乗っかって、ここはひとつ槍パも試してみました!

f:id:BaronNote:20191111182519j:image

これはコルル瀕死を維持できた場合の総ダメージですが、渾身編成の総ダメージを上回ってます……

天秤の時と違って連撃バフを撒けないのでどうかな〜と思ったんですが、デモン奥義の高揚があるので奥義回しも意外と悪くない。

与ダメアップも地味に効いてるのかなと思います。

デモン背水スキルのおかげで基礎火力が上がって上限も叩きやすくなったので、防御値の高い相手に有効かもしれません。

ただし連撃が出にくいので、杖パ以上にダメージにムラがあります。

もうムラムラ。一番ムラムラしてる。

あと気になったのは、追撃が欲しくなること。

てか槍ジョブのリミアビってどれも……うーん、、、といった印象。

久々にアプサラス使ってると楽しいですけどね。

火力は抑えて高難度向けに組むならジョブをスパルタやセージにしたり、キャラもシスの代わりに闇ゼタやフォルテを入れたら安定感ありそう。

さて、この編成でもアポロンNを殴ってみました。

f:id:BaronNote:20191111183719j:image

は、速ぇ〜w

討伐速度もだけど、経過ターンが9ターンってのが凄い。

背水はハマるとやっぱり凄い。

もちろん上手く回らない時もあるけどね…w

ピーキーな編成が組める槍パは結構面白さを感じました。

 

 

 

 

 

以上です!

渾身編、背水編にわたり、ここまでお付き合いいただきありがとうございました!

最終的な自分の意見ですが、古戦場に関してはポーションがぶ飲み戦法でゴリ押すことも可能なので、渾身の方が若干優位かなと思いました。

でも背水の爆発力も侮れない!ということは何となく伝わったかな〜と思います。

気分でどっちも使い分けるかもしれません。

 

あとは剣パも組みたいところですが、黒騎士の最終次第でしょうね。

古戦場直前になる気がするので、古戦場で殴りながら編成固めていく感じになりそうだなぁ…

大変だぁ…

 

皆さん頑張りまっしょい!

 

第1回ハデス編成やあらへんで!チキチキ 闇マグナハイランダー渾身編〜!

 

最近ね、ベートーヴェン交響曲をよく聴いてます。

当たり前だけど、やっぱり凄いよねベートーヴェンは。

「運命」なんか当時聴いた人はどんな気持ちだったんだろうね。

ドラクエ3が発売した時以上の衝撃だったんかね…

 

はい、というわけで前回の記事からかなり間が空いてしまいました。。。

終末5凸して闇ハイランダーを色々と試してはいるものの、バランス調整があったりゼノディア槍が追加されたりで編成を組み直す日々が続き……

さらには黒騎士の最終も控えてると来たもんで、正直古戦場までに編成が固まる気配がない。。。

でもせっかく色々あれこれやったので、試行錯誤、暗中模索、紆余曲折、五里霧中となるまでの経過と編成を何個か載せることにしましたw

なので残念ながら「試した中ではコレが一番強かった」というような結論は出すことは出来ませんでした。

なんかあんまり中身のない記事になってしまった感。申し訳ないです。

そういう記事を求めてた方はゴメンナCygames。

それでも構わんよって方は是非読んでいってくだCygames。

 

そんじゃレッツゴー!

 

 

 

  • 錬金術師たちの杖パ 〜季節のエモみを添えて〜

ひたすらに強さを求めるのがグラブルの楽しみですが、エモみを求めるのもまたグラブルの楽しみではないでしょうか。

Tips  エモい、エモみとは?

エモいは、英語emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」などを意味する日本のスラング。感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき、「哀愁を帯びた様」、「趣がある」などに用いられる。

(wikipediaより引用)

……らしいです。

wikipediaは何でも教えてくれてカッコいいですね。

自分もwikipediaのような漢になりたいものです。

さて、というわけで闇パにおいて自分が最も「心を揺さぶられる」、つまり""エモい""編成を考えてみました。

f:id:BaronNote:20191109082311j:image

f:id:BaronNote:20191109082325j:image

武器編成は見てもらえば分かる通り、渾身ハイランダーの杖パです。

そしてただの杖パではありません。

師弟(血縁)関係にあるカリオストロクラリスが、これからの季節に合わせた装いで並ぶ至高の編成です。

この光景だけで、この編成を組んだ価値があったと言えるでしょう。

しかし、キャラを眺めるだけでは終わらないのがグラブルです。

実際に木人を10ターン殴ってみました。

f:id:BaronNote:20191109082717j:image

バレクラ3アビを2回使ってるので12ターン(実質10ターン)殴りました。

同じ編成で10回ほど殴ってみましたが、平均総ダメージは大体このくらいです。

95HELLのHPが1億3千万ちょい、ということを考慮すると普通ですね。

エモみが多いのは良いことですが、アビポチも多めなのがちょっと気になります。

バレクラ3アビのおかげで実質11ターン目にシヴァを召喚出来るのが強みとはいえ、虚空杖のバフが切れると火力ガタ落ちです。

古戦場で使うとしたら95HELLかな〜と思いました。

目安になるか微妙なところですが、アポロンNを殴った結果も載せておきます。

f:id:BaronNote:20191109083005j:image

うーん、2分は切りたいよねぇ。。。

というか、せっかくのハイランダーなのに上限叩けてない時が多い。

バフがノリノリの時は通常80万とか出るんですけどね。

バフが切れると50万くらいに落ち込む。

エモみにパラメーターを振りすぎたか。

※追記

HPがどのくらいかと質問がありましたので、載せておきます!

f:id:BaronNote:20191109220438j:image

 

 

 

  • 杖パ (バランス調整後)

f:id:BaronNote:20191109083445j:image

言い忘れてましたが、先ほどの編成はバランス調整前に組んだものです。

その後、バランス調整があったのでシスをフロントに入れてみました。

デバフを下限まで落としたいのでヴァンピィちゃんを引き続き起用、カリオストロとシスを入れ替え。

おかげでエモみは減ってしまいましたが、シスが腕を組みながらヴァンピィちゃんとクラリスを見守ってる感じがしてホッコリします。

これはこれで良いものですね。

キャラ以外はさっきの編成と変わってません。

こちらの編成でも木人を10ターン(12ターン)殴ってみました。

f:id:BaronNote:20191109083904j:image

バランス調整の内容は物議を醸してるけどシス強いね〜〜〜

エモみよりダメージを優先するなら、やっぱりシスは起用するべきですかね。

まぁ古戦場HELLも流石に調整したばっかりのシスを潰しには来ないでしょ…

……と信じたい。笑

全体攻撃だけはヤメてくり〜〜〜〜〜

この編成でアポロンNを殴った結果はコチラ。

f:id:BaronNote:20191109084126j:image

めちゃくちゃ速くなってワロン。

アビポチも減ったし、シスも良い感じなのかしらね。

特にエモみ編成の弱点だった「ハイランダーなのに上限に届かない」問題は、シスの火力で多少ごまかせるようになったみたいです。

 

 

f:id:BaronNote:20191109153505j:image

f:id:BaronNote:20191109155604j:image

前回の古戦場はこの編成で遊んでたんですよね〜

でもその時は終末が実装されてなかったので、渾身編成でこの拳パを試すのは初めてです。

人狼と神狼を並べた狼編成の拳パということで、狼牙風風拳の名前をお借りしました。

サブにエッセルを入れてるのも、狼の要素をちょっと意識してます。ワラ

ジョブはレスラーでも良いんですけど、渾身だし一応回復とか色々出来る魔法戦士の方が便利かなと思いまして。

さて、またまた木人10ターン殴るぞい!

……と言いたいところですが、この編成だとあまり意味がないしムラがありすぎるのでやめました。

そもそもこの編成のコンセプトは、パラゾ追撃やチェイサー追撃がないぶん、六崩拳奥義のカウンターでダメージ稼いでいこうぜ!って感じなんですよね。

なので通常攻撃が少なすぎる木人だと全然わかんない。笑

敵の通常攻撃が全体だったらオワだし、逆に単体攻撃を3回みたいな奴だったら結構ダメージ伸びると思います。

前回の闇古戦場のライテーコーは、その点がめちゃくちゃ噛み合ってたので拳パでも楽しく遊べました。

全体攻撃だと六崩拳だけじゃなくてシスも潰されちゃうしね。

というわけでこの編成は次の古戦場で使うかどうか全くわかりませんw

一応アポロンN殴ったらこんな感じ。

f:id:BaronNote:20191109155511j:image

 

 

 

 

 

渾身編はこのくらいにしときます。

ドクター?短剣パ?リミフェリ?

そんなんおりゃんよ!!!!!!!!!

マジでその術は俺に効く。やめてくれ。

 

次回は背水編です〜

↓背水編です

baron-note.hatenablog.jp